[ナビゲーションをスキップしてメインコンテンツに移動します↓]

東京都社会人サッカー連盟

東京都社会人サッカー連盟

公式戦取材について


トップ > 連盟概要 > 委員長からのメッセージ

連盟概要

委員長からのメッセージ

 2019年度の社会人連盟に加盟しているチームがそれぞれ目的をもって、選手、チームが一丸となって、今シーズンの新たな戦いに挑んでいただき今年1年が所属各チームにとって実り多き1年となりますよう願っています。頑張って下さい。

 昨年の社会人連盟は、関東社会人サッカー大会を主管し、8年に1度の大役を無事、果たすことができました。これもご協力いただいた方々のご支援の賜物と感謝申し上げます。

 今年は、東京オリンピックの前年にあたり、グランド確保が益々難しくなると思いますが、チームの皆さんが努力され、今年予定の各リーグを期日までに終えられるようご努力をお願い致します。昨年の状況をみると今年も夏場の暑さが心配されるところです。

 所属チームの皆様も熱中症には十分注意され、適切な対策を取りながらリーグ戦を戦っていただきたいと思います。

 昨年を振り返りますと関東社会人大会でCriacao Shinjukuが地元開催を制し、見事優勝し念願の関東サッカーリーグ入りを果たしました。その他の大会では、思うような結果は出ませんでしたが、善戦し、あと一歩のところまで行っていました。東京のサッカーの実力は、確実に向上しているものと思っています。今年は、昨年にも増して各大会での活躍を期待するところです。

 東京都社会人連盟は、日本サッカーの発展と東京都のサッカーの発展の為、今年も多くの仲間と共にサッカーを通して親睦を図り、輪を広げながらより良い連盟活動ができるようチームの皆様と共に歩んで行きたいと思っています。

 関係各チーム、選手、役員の方々のご支援ご協力よろしくお願い致します。

 今年度の社会人連盟は、以下の目標を掲げ、加盟チームの皆様とともに歩んで行きたいと考えています。加盟チームの皆様のご協力よろしくお願い致します。

・審判員の育成 ・フェアプレーの推進 ・運営、競技力の向上 ・熱中症対策の推進

東京都社会人サッカー連盟
運営委員長 杉山 揚二

ページTOPへ


COPYRIGHT © TOKYO SHAKAIJIN SOCCER LEAGUE All Rights reserved

サイトについて | サイトマップ | 公式戦取材について